【アメリカさん】高値更新祭り!



ダウ 22405.0 +23.89 +0.11%
NASDAQ 6495.96 +42.51 +0.66%
S&P500 2519.36 +9.30 +0.37%




高値更新!(ダウ以外)







ずっと前日比マイナス圏での動きだったんだけど、引けにかけて買われて、無理やりプラス引け(笑)







ダウはぎりぎり高値更新ならず。
一番高値更新に近い位置にいたのに~。NASDAQに追い抜かされた…







NASDAQは太い陽線で一気に高値更新!
強い形!
6500が見えてきたよー。







S&P500も陽線を重ねて、高値更新!
強い!



3指数とも強い形で上値を追い始めています。
ダウは高値を更新できなかったけど、これも結局は超えそう。

50日線くらいまで調整すると思っていたから、あてが外れた~。







VIXは続落。
下値を掘り進んでいます。

7月につけた安値8.84を下回れるかどうかの戦いに。
なにかのイベントで最大瞬間風速でドーンと下がって、8.84を下回るか下回らないかギリギリのところまで行って、長い下髭を引いた時が底になりそう。
9月雇用統計(10/6)、9月CPI(10/13)あたりがあやしい。







アップルは下髭陽線。
上がりはしたけど…うーん…
いまいちな動き。







グーグルは3営業日連続陽線。
50日線を超えて、はっきりと上に走り始めています。
強い!







フィラデルフィア半導体指数も3営業日連続陽線で、高値更新!
これも強いよー。



ハイテク株強し!







銀行株は続伸だけど、長い上髭。
うーん、ちょっと怪しい形だけど…

でも、米国債がまだ底打ちしたとは思えないから、銀行株もまだ行けるんじゃないかなぁ?







ドルは売られたけど、50日線にサポートされて下げ止まっています。
さあ、ここから上か下か。







ドル円も陽線で切り返したよー。
来週前半に直近の高値の113.25を抜けるかどうかが勝負。







円インデックスは200日線に頭を抑えられています。
200日線を超えて反発局面に入るのか、はたまた、叩き落されるのか。







ドイツDAXは大幅続伸!

高値持ち合いから上に走った!
強えええええええー!!
めちゃくちゃ強い形!

6月の高値12951.54を一気に抜いてきそう!







イギリスFTSE100も頭を抑えていた200日線を一気に突破してきました。







フランス株も上に走っているよー。
強い形!







ハイイールド債も高値を追っています。







米国債は売られました!



昨日は8月PCEデフレータの発表がありました。
前月比で予想+0.2%のところ、結果+0.1%
予想を下回りました。

これで、一時、米国債がドーンと買われたんだけど…

9月シカゴ購買部協会景気指数が予想58.7に対し、結果65.2と大幅に上振れしたのに反応して、ドーンと売り。
結局、転げ落ちて終わりました。

悪い指標より、良い指標に大きく反応する…
やっぱり、今は米国債売り…だと思う。
米国債売りはまだ続く!



昨日は短期債ほど大きく売られて、長期債はそれほど売られない、イールドカーブがフラット化する動きでした。
この前と逆。
まぁ、結局、売られて全体の水準が下がってきているからいいんだけど、いまいちイールドカーブがフラット化する方向に動いているのか、スティープ化する方向に動いているのか、よくわかんない…



今10年債の利回りが2.339%
7月につけた高値2.389%を超えるかどうかの勝負!
これを超えたら、去年12月から始まった国債買い(金利下落)局面はとりあえず終了…かも?







ゴールドも売られました。
下値を掘っているよー。

ゴールドも売り局面!







原油は小動き。
このへんで切り返せるかどうかの戦い!

昨日発表されたリグ数は744→750と久しぶりに増えたよー。
頭打ちにはなっているけど、急激にも下がらない、微妙な状況…



日経先物は20360!



前日比ほぼ変わらず。
NASDAQは強かったけど、先物はほとんど動きなしで、20330らへんを行ったり来たりしているだけでした。

ここ数日、20330のあたりで動きが止まっているよねー。
こういうふうに高値圏で先物の動きが止まってしまうと、だいたい落ちるものなんだけど…
さあ、どうなるんでしょう??



ちょっと興味深いニュースが…



FRB議長人事2-3週間以内に決定、過去4回面談=トランプ氏
[ワシントン 29日 ロイター] - トランプ米大統領は29日、記者団に対し、連邦準備理事会(FRB)の議長人事を巡り、これまで4回の面談を行い、今後2-3週間以内に決定すると語った。

ソース:ロイター




来年2月に任期切れを迎えるFRBのイエレン議長の後任人事がいよいよ決まりそう!



人事は(議会の承認は必要なものの)大統領の裁量が大きいから、トランプが決めたら、そのまま決まりそう。
さあ、誰になるんでしょう?

一時は、現在、国家経済会議(NEC)委員長を務めるゲイリー・コーン氏が最有力と言われていたんだけど、トランプの人種差別発言に苦言を呈してから、トランプとの仲が極端に悪くなったらしく、議長レースから脱落した、という話。

イエレン議長の再任も可能性はゼロではないけど…
トランプは、コーン氏との確執からもわかるように、自分に忠誠を誓う人を重用して、意見する人を好まないから…
イエレン議長はプライドが高い人だし、トランプがやろうとしている銀行の規制緩和にもはっきりと反対しているから、たぶん、再任はないだろうし、本人もあきらめていると思う。



で、今もっとも有力だと言われているのが、
バーナンキ議長時代にFRBの理事を務めたケビン・ウォーシュ氏。



他にも、ジェローム・パウエル現FRB理事。
スタンフォード大のジョン・テイラー教授
などの名前も挙がっています



候補者に共通して言えるのは



全員がタカ派!!!!



特に最有力のケビン・ウォーシュ氏はバーナンキ時代のQE(金融緩和)にも否定的だった、ゴリゴリのタカ派。



今、米国債が売られて、ドルが買われているのは、このFRB議長の後任人事を先取りしたものかも…?



…って気がしてきたよー。



という事は、人事が決まるまでは、米国債売り、ドル買いが続く…ってことでは??



トランプが人事をいつ発表するのか、はっきりした日はわからないけど…
今から2~3週間後というと、10/13~20くらい。
10/13は10月SQ…
そして、10/22は衆議院選挙の投票日!



10/13のSQまではFRB議長の後任人事と選挙ラリーで上がるのでは??



…って気がしてきた!



…まぁ、この人事がアメリカにとって良いことなのかどうかは別問題だけど…

もっともいいのはハト派のイエレン議長の再任だと思うんだけどなー。
(銀行の規制緩和に前向きだったゲイリー・コーン氏がなれば、株式市場がバブル化する可能性があったので、投資家的にはそっちのほうがよかったかも…)
今、タカ派のFRB議長が就任するってことは、景気が下り坂に入った時に対処が遅れるってことだから…最悪に近い。



どうなる?FRB議長人事!
ランキングクリックにご協力お願いしまーす!
いつも押してくださっているあなたにありがとう!
そして、今日初めて押してくださったあなたにもありがとう!みんなありがとー!
↓↓↓
拍手もよければっ
(ヒミツのお礼画像が表示されますっ。現在15種類!)
↓↓↓
web拍手 by FC2

【9/30】今週の株収支報告~誤差?~





今週の収支:+2896
年間収支:-897942




100万円が誤差なら、年間マイナスも誤差の範囲内だああああああー!
ランキングクリックにご協力お願いしまーす!
いつも押してくださっているあなたにありがとう!
そして、今日初めて押してくださったあなたにもありがとう!みんなありがとー!
↓↓↓
拍手もよければっ
(ヒミツのお礼画像が表示されますっ。現在15種類!)
↓↓↓
web拍手 by FC2
登場人物紹介
※左右のボタンで他キャラ!
ランキング
ブログ村」と「人気ブログランキング」に参加しています
ポチっとクリック支援! お願いしますっ!
↓↓↓
Twitter&RSS
Twitterでブログの更新情報を流しています
フォローしてね!

RSSもよかったら登録してね!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
過去の記事一覧
月別アーカイブ
FC2拍手ランキング
リンク