そして、歴史は繰り返される





今でこそ「金返せおらー緊縮しろ!」と苛烈にギリシャを責めたてているドイツですが……
過去の歴史を振り返ってみると、逆にドイツが欧州諸国への過酷な支払いに苦しんでいた時期がありました。



1920年代のお話です。



第一次大戦に負けちゃったドイツは総額で1320億金マルク(約66億ドル)…当時のドイツのGDPの約2.5倍というとんでもない額の賠償金を支払わされるハメになりました。
ギリシャの場合は借金だし、賠償金とは質の違うものだけど、支払わないといけないお金って点では同じ。
(ちなみに今回のギリシャの借金の総額はGDPの約1.7倍です。同じくらいだよねー?)



ぜーーーーーったい払えるはずのない債務を背負わされたドイツは…
それでもなんとか、支払いをするために輪転機をぐるぐるさせてマルクを刷りまくります。
賠償金は「外貨建てで払う」と決まっていたので、外貨獲得のためにマルクを刷る→マルク暴落→さらに沢山のマルクを刷る→マルク暴落という魔のスパイラルに…



第一次大戦終了直後、1919年に1ドル13.5マルクだった為替相場は1923年11月には1ドル4200000000000(!)マルクに!
わずか4年で3000億倍!



国内は当然のようにハイパーインフレに



パンを一個買うのにリアカーいっぱいのお札が必要…なんてことに。







当時の有名な写真。
札束で遊ぶ子供たち。



まさに、



お金がゴミのようだ!!



この狂乱インフレは土地を担保にしたレンテンマルクという新紙幣の発行でいちおうは落ち着いたんだけど、ドイツの経済はもはやボロボロ…



その結果、何が起こったかというと…



ナチスなど過激な勢力の台頭。



結局、ドイツ国民はナチスに希望を託して、2回目の世界大戦に突き進みます。



よーするに何が言いたいのかというと…



絶対に払えないような借金の取り立てを苛烈にやってもロクなことにならない!



…って事。



今回、ギリシャのヘアカット(債務減免)のお願いを「減額なんてできるわけねーだろ」とすげなく却下したドイツだけど…



第一次大戦の賠償金は…それこそ、何度も何度も「払えませんけえ、減額してつかーさい!ドイツがボロボロになっちまうけん!」と頭を下げまくっているんだよ。



実際、ドーズ案、ヤング案、ローザンヌ会議……などなどを経て、賠償額は大幅にカットされました。

それでも、ドイツは払うことができずのに、結局、政権をとったナチスが「払えないものは払えない!」と支払いを拒否して、ドイツ国民はナチスに拍手喝采!…となったわけ。
(ちなみにこの賠償金の支払いは今でもまだ続いていて、2010年にやっとアメリカへの支払いが終わりました。減額されても、それくらいとんでもない額の賠償金だった)



第二次大戦は過酷な借金の取り立てが招いたといっても間違いではない!



そんなこんなで、反省した世界各国は……
第二次大戦で負けたドイツに賠償金を課すのをやめました。



それどころか、ドイツが第二次大戦中につくった借金(ナチスがつくった借金、だね)も棒引きに!



よーするに世界は



「借金地獄のドイツにガンガン返済を迫るんじゃなくて、棒引きして復興させること」



…を選んだんです。



んで、ドイツの今の発展はご覧の通り。



こういう経緯を見た上で、ギリシャの問題を考えると…



「ドイツよ。散々借金を棒引きしてもらいまくったお前が言うな!」



…的なことを思いませんか??



ちなみに、今回のギリシャの改革案には「500億ユーロ相当の国有財産売却」っていう項目があって、これはつまり「借金が払えないなら、国土を売って返済しろ!」って事なんだけど…



第一次大戦の賠償金の支払いで、ドイツは「賠償金が払えないなら、国土をよこせ!」と欧州諸国に迫られます。
実際、工業の中心であるルール地方をフランスによって占領されちゃいます。



こういうのを見ていると…



ドイツさん、あの時の意趣返しでやってないかい?



…って気までしてくる……





だいたい、ギリシャの人が遊んでばっかりだとか、なんの努力もしていない、「アリとキリギリス」で言えばキリギリスなんだから苦しんで当然、みたいな風潮があるけど……そんなことないんだよ!

無職でダラダラ遊んでばっかりのあたしとちがって、ギリシャの人はそれなりにがんばってるんだよー







歳出のグラフ。
2009年の歳出が1280億ユーロで、2015年の歳出が800億ユーロ。



6年間で38%も歳出削減しているんだよ!



日本も借金大国だから歳出削減、歳出削減って毎年のように言ってるけど、その目標が年間5兆円くらい。
率に直すと、歳出の2.5%くらい。
それですらまったく達成できていません。



ギリシャがどれだけ過酷な歳出削減に取り組んでいるか、わかると思います。







ちなみに、歳入も減ってきているけど…
これは景気が悪くなって、税収自体が減ってしまっているからです。



GDP比で見たら、ほぼ横ばいの水準を維持しています。







で、そのGDPだけど……



とんでもない下がり方…



2007年に2510億ユーロだった実質GDPは2014年には1860億ユーロに!



7年間で25%の減少だよ!!!



これは不況なんて生易しいものじゃなくて、国が崩壊するレベル…。

第二次大戦の敗戦国の終戦時のGDPを見てみると、日本が50%オフ、ドイツが30%オフ。
それよりはちょっとマシって程度。



この状況で「ギリシャ人はなんの努力もしていない」っていうのはあまりにも酷じゃないですか?



何回も書いてるけど、無理な借金の取立てをやってもロクなことにならないんだよ~。



企業と銀行で考えたらわかりやすい。



過度な設備投資が祟って借金に苦しんでいる企業がある

お金を貸している銀行がリストラを要求

リストラをしたら、売り上げ(GDP)が25%減りました。

それでも、なんとか黒字化を達成(プライマリーバランス黒字化)

もっとリストラして金返せ

売り上げが更に…(ry



こんなんで立ち直れる企業ってあるのかい???



借金の取立ての基本は「生かさず殺さず」なんだから…



もうちょっと考えてくれよー債権国のみなさん!
ランキングクリックにご協力お願いしまーす!
いつも押してくださっているあなたにありがとう!
そして、今日初めて押してくださったあなたにもありがとう!みんなありがとー!
↓↓↓
拍手もよければっ
(ヒミツのお礼画像が表示されますっ。現在15種類!)
↓↓↓
web拍手 by FC2

コメントの投稿

Secret

No title

レモンの種が泣くまでギリシャから搾り取れ!

No title

なんであんな国をここまで擁護するのか本気で理解出来ない

No title

そうそうw


日本人にだけは、ギリシャ人も言われたくないよね~~



><キャー

No title

いつもかぶみんの記事には頭が下がるおもいですーー

勉強になりました<(_ _)>

これからもヨロシクね♪

勝手にどうぞ、ですが・・・

以前、応援コメントをしたことがある者です。

最近ギリシャネタで批判コメントが多いのに、あえてこのネタを引っ張るのはなぜでしょう。
ワザとやっているようにしか見えません。
批判コメントの一部もひょっとして自演かもしれないなと思っています。

ギリシャを本気で応援したいのか、ブログを盛り上げたいのかは知りませんが、勝手にやればいいです。あなたのブログですから、あなたの自由です。相場上手な方からの批判コメントは無視して、投資歴の浅い方からの賞賛に酔うのも良いでしょう。
でも一言。
他の人の見解やグラフを持ってきて一言も断りなしは非常識が過ぎるし不誠実ですね。
一連のギリシャ擁護、あなたのオリジナルの考えではないことは、わかる人にはわかってますよ。

なお私はあなたとは逆の投資行動になることが多い者です。
このコメントは損失の八つ当たりではありません。

ナチスは当時から、まともなドイツ人なら
苦々しく、胡散臭く思っていたらしいですよ。
結局、現状に不満のある層や、若者の失業者
なんかの、どちらかといえば考えが浅はかな
人たちの支持で、暴走した結果です。
まぁ、若くて血の気の多い人間が昼間から
暇をもて余すような状態は、ろくな事に
ならない典型ですね。
今度のギリシャの国民投票やその後の混乱も、ナチス程の暴走はまだしてないけど、
似たような階層が騒いでいると思います。
元々ギリシャは土地が貧しくて、農地に
適さないせいで、古代から交易か戦争で財を
成した国だし、ローマ帝国の一部になってからは、帝国からのお金が流れ込んでいた場所なので、外需依存の体質で3000年以上やっている国です。
いっそドイツの植民国になった方が、
ドイツもお金を出す大義名分が出来て良いの
かもしれません。ドイツの一部なら、ドイツの税金を注ぎ込めますからね。

勝手にどうぞ、ですが・・・2

これは私のオリジナルの考えだもん! ○×さんも同じようなこと言ってる(書いてる)けどそれは偶然だもん!・・・と仰るならばそれで結構です。私の前のコメントは的外れとして無視してください。

ですが、あなたの考えのヒントになった情報が何かしらあると思います。その情報ソースが、欧州の外から高みの見物で書かれたものでないか、よく考えてみてください。

ではお元気で。

No title

ほんと、ここまでバカだとは思わなかった。

比較対象の根本がそもそも違う。

ドイツの場合はそれまでなかった無から借金を作られている。
戦後賠償はもともとはドイツの持っていたものではない。
戦勝国が無から有として作り上げられたものだ。
はっきりというが、先週国は戦争によって負債を抱えている。敗戦国のドイツも同様に戦争によって負債を抱えている。どちらかが儲けて終了したわけではない。
だから戦勝国による賠償はあくまで基本的に戦勝国が戦争によって費やして損したものの補てん、という形である。 自分たちの損失をドイツにかぶせる形だ。 だからドイツは自国の負債と戦勝国分の負債のダブルを抱えることとなる。


対してギリシアの場合はもともとあった資産の見積もりを誤ったものだ。
ギリシャの会計が粉飾決済した結果であり、本来の自国の計算をきちんとしていたらそもそも統一通貨に加盟させてもらえたのかどうかも怪しい、というものである。
今回の件はドイツのように「他の尻拭い」もしくは「他から押し付けられたもの」ではないという点だ。

そもそもきちんと会計を出していたらユーロ圏に入ることもなかったと仮定したらドラクマのまま、安価な通貨としてそれなりにいきていけたものである。しかしユーロ圏になったら自分の国のいままでのいい加減な方法で生きていくことはできない、しかしギリシャ人は見栄があるので健全会計と粉飾して加盟した。
「その能力のない国」が無理して「能力のある国」のふりをして肩を並べたらそのうち、無理がやってくる。 そして繰り返すがこれは無からつくられた有(負債)ではない。

よってそもそも統一通貨に加盟の段階ではねられていたら今日の負債まみれのギリシャはなかった、デンマークのように、英国のように独自通貨で自国内の仕組みで完結していることができた、そしてそのほうがギリシアにとっては幸せだったといえる。 しかし参加してしまったあと、粉飾決済が暴露し、結果、敗戦国のようにペナルティを科せられるどころか、ドイツによって何度も助けられている。

敗戦国のドイツは「押し付けられた負債」だ、しかしギリシャの場合は「自分で隠していた負債」だ。 紺本的に違う。

やっぱりつけ焼き刃でそれらしいことを書いてもまったく意味不明。

もっと書いてやろうか?

>6年間で38%も歳出削減しているんだよ!

バカか?

6年間で38%しか歳出削減していないんだよ!

5年前に粉飾決済が暴露した際に自分たちで隠していた結果のつじつま合わせに必要な金額はわかっていたはずだ。 そしてそれについてドイツなどの意向をくんでやってみたが38%しか削減できませんでした、ということだ。

ついでに国土を売る、ということではない、ということに気がつかずにバカなことをまた書いている。 国土を売却ではない、空港などの資産を民営化し、その売却益を「自分たちが隠していた帳尻合わせにつかえ」と言っている。 ギリシアの資産を海外に売却しろ、とは一言も言っていない。 日本が郵政やJRを民営化して国がその利益を得たのと同じことをしろ、と言っているだけのことだ。

どこをどう読んだらこうなるのか、マジで理解に苦しむ。

もういい加減にしたほうがこれ以上、恥をかかないと思うが。

No title

もう一点だけ書いておく。

「専門家」のいうことが必ずしも正しい、とは限らないことは承知だ。

しかしその国に行ったことさえないものがその国のことをとやかく書くことこそ、失礼極まりない例はない。 応援、非難、すべて、事実に基づくべきである。

私自身はギリシアでの自身での経験をもってはっきりと書ける。

あの国の国民で働く意思を持った人は限りなく少ない。

そしてあの国はEU加盟国といってもはっきりと言って第三レヴェルである。
(マルタと良い勝負。 そう言えるのはマルタにしばらくいた体験があるからだ)
ドイツと同じ土俵で相撲がとれる国ではない。(これは国民総生産や人口のことを言っているのではない)

他人様のデータで私の投稿は一切書いてはいない、「自分自身のデータ」で書いている。

経済の数値だけでは見えてこない、実際に自分でその地の空気をかいでしかわからないことが多々ある。そして当然、それには費用がかかる。 そういった自分の積み重ねを私は信じて株も行っている。 他人のデータはあくまで参考にしかしない。 しかしあなたの書き込みは全て本当に底が浅い。

ギリシアの軽油が今、リッター幾らか知っているか?
ドイツの軽油が今、リッター幾らかしっているのか?
クロアチアの軽油とイタリアの軽油、どちらがいつも安いのか、知っているのか?
そしてクロアチアの全国民人口はたったの300万人程度!!!にも関わらず、特にこれだ、という産業がないにも関わらず、国は豊であるその理由をしっているか?
なぜ、ここでガソリン、と書かずに軽油、と書いたのか、その理由がわかっているのか?

ついでに書くが。 あなたが開示している必要生活費に国民保険も年金も入っていないのはなぜなのか?
登場人物紹介
※左右のボタンで他キャラ!
ランキング
ブログ村」と「人気ブログランキング」に参加しています
ポチっとクリック支援! お願いしますっ!
↓↓↓
Twitter&RSS
Twitterでブログの更新情報を流しています
フォローしてね!

RSSもよかったら登録してね!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
過去の記事一覧
月別アーカイブ
FC2拍手ランキング
リンク