【アメリカさん】長い下髭は首吊りか?明日への希望か?



ダウ 16272.0 -12.69 -0.08%
NASDAQ 4627.08 +6.91 +0.15%
S&P500 1923.82 +3.79 +0.20%




昨夜のアメリカは前日比ほぼ変わらず~。







寄りから大きく崩れたんだけど、後半持ち直したよー。
V字回復!







ただ日足で見ると…

戻りの高値の位置でながーーーーい下髭で、俗に言う「首吊り線」に近い形……
んぐぐ……
この形はあまり期待してはいけない気がする…







NASDAQもながーい下髭。







うーん、この形……どうよ??



早くも戻りの天井を打っちゃったかな…って気がするんだけど…



うーん……結局は……



今夜の雇用統計次第、かな…



雇用統計通過後に強い勢いで上がって行ったら大丈夫だと思うんだけど、長い上髭(FOMCの時はこのパターンでした)や崩れて陰線になっちゃったらきびしそう……。
嫌な形で雇用統計に突入になっちゃったなぁ…。



今夜の雇用統計、予想は非農業部門雇用者数が20.0万人増、失業率が5.1%です!





日経先物は1万7540
だけど、大証が閉じた後にアメリカがV字回復したので、CMEは1万7630くらいまで戻しています!
100円弱のGD。



うーん、ここからどうなるのか、さっぱり予想がつかない…



反転の勢いがそがれちゃったからキビシイ気はするんだけど……



昨日は9月の米ISM製造業景況感指数の発表がありました。あまりよくありませんでした。
予想:50.6に対し、結果:50.2
3ヶ月連続の低下。2013年5月以来の低水準だって。
50が景気拡大・縮小を分けるボーダーラインだから、縮小突入ギリギリってとこ。
うーん…



ただ、9月の自動車販売台数は+15.8%増の144万台と、かなり強かったんだよねー。



企業は世界的な需要の縮小で先行き暗いけど、消費者は我が世の春って感じ。
両極端に分かれてきてる。



もっとも、アメリカの自動車販売は借金させて売りまくるやり方だからねー。
はたしてこの先も好調が続くのかどうか…
自動車版サブプライムローンがはじけるかも、なんて話も。



中国の爆買いブームもそうだけど、企業の業績が好調でその結果、消費が潤うならいいんだけど、なんか別の理屈で消費だけが盛り上がっても、続くのかなぁ?って思っちゃうよね。



どーでもいいけど、いかにも中国だな~ってニュースが…



中国ウオッチャー困惑-製造業PMI速報値、今後発表されず
(ブルームバーグ):チャイナウオッチャーは他の主要国に比べて入手可能なデータが限られていることに悩まされているが、今月から一段と材料が減る中での分析を余儀なくされる。

中国製造業セクターの状況を最も早くつかむために活用されてきたマークイット・エコノミクスと財新伝媒の製造業購買担当者指数(PMI)速報値が、今後発表されなくなる。マークイットが1日の発表資料で明らかにした。9月23日の同PMI速報値が最後の発表だったという。月次の確定値は翌月の最初の営業日に発表される。マークイットは他の国・地域のPMI速報値は引き続き発表する。

マークイットの中国製造業PMIは今年に入って、スポンサーがHSBCホールディングスから財新伝媒に変わった。財新は中国で経済誌を発行している。マークイットのシンガポール在勤広報担当者ローラ・デービス氏は、中国での速報値発表取りやめの理由についてコメントを控えている。

中国の製造業PMIは2種類ある。一つはマークイットと財新の発表分、もう一つは国家統計局の発表分だ。このうち統計局が示すPMIは3000社からの回答を基にし、民間分より強めの数字が出る傾向がある。マークイットの方の調査対象は中小企業を含む420社余りだ。

コメルツ銀行の周浩シニアエコノミスト(シンガポール在勤)は、「財新のPMI速報値は取引のための良い指標だ。毎回相場を動かすため、オーストラリア・ドルのトレーダーなら必ず見る必要がある」と指摘。「それに対して政府のPMIはあまりに動きが乏しく、中国の国内総生産(GDP)のようで、時に予測できてしまう」と話した。

マークイットと財新のPMI速報値は、調査対象の約85-90%の回答が反映されている。両社が9月23日に発表した9月の製造業PMI速報値は市場予想を下回って6年半ぶりの低水準となり、発表後に中国株と豪ドルが売られた。10月1日発表の改定値では47.2と、速報値から若干上方修正された。一方、政府の9月の製造業PMIは49.8と、8月の49.7から上昇した。

CMCマーケッツ・アジア・パシフィックのチーフ市場ストラテジスト、マイケル・マッカーシー氏(シドニー在勤)は「今回のPMI速報値の発表は、市場のボラティリティ(変動性)を高めた主因の一つと見なされた可能性がある」とした上で、「情報が多い方が良いのは当然のことで、減らせば疑問を投げ掛けられる」と述べた。

財新の広報担当部門に1日に電話したが、応答はない。

ソース:ブルームバーグ




都合の悪い指標は発表させないければよい!!



ズガーーーーーン!!(効果音)



HSBCが手を引いた時からいや~な予感がしていたけど、それでも財新/マークイットの製造業PMIの速報値はまだ信用できるかもしれない数少ない中国指標のひとつだったのに…。
中国の闇がどんどん深くなっていく……
ランキングクリックにご協力お願いしまーす!
いつも押してくださっているあなたにありがとう!
そして、今日初めて押してくださったあなたにもありがとう!みんなありがとー!
↓↓↓
拍手もよければっ
(ヒミツのお礼画像が表示されますっ。現在15種類!)
↓↓↓
web拍手 by FC2

コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
登場人物紹介
※左右のボタンで他キャラ!
ランキング
ブログ村」と「人気ブログランキング」に参加しています
ポチっとクリック支援! お願いしますっ!
↓↓↓
Twitter&RSS
Twitterでブログの更新情報を流しています
フォローしてね!

RSSもよかったら登録してね!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
Amazon
Amazonでお買い物するならこちらから(検索できます!) ↓↓↓
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
過去の記事一覧
月別アーカイブ
FC2拍手ランキング
リンク