【3/14】FOMCを前に色んな思惑が…







日経平均:19609.50(-24.25)




んごごごごご……



抜けんのかい……



今日の注目は3/2につけた高値19668.01を抜くかどうかだったんだけど…
昨夜の先物が19530(実質19660)だったし、終値で抜けるかどうかはわからないけど、触りはすると思ったのに。
触りもしないで落ちるんかーい!

今日の始値が19634.29
高値が寄り直後につけた19637.55
ホントもうギリギリ、あと30円だったのに~

夜間の先物より安く始まって、寄り天
で、大崩れするのかと言えばそうではなくて、値幅40円くらいのちょーーーーー狭いレンジの動き…

あきらかに高値更新を阻止するって一点を目的とした動きだよね!



高値更新させたくないマン、がんばりすぎだろおおおおおお!!



オプションがらみの動きなのかなぁ?
うーん…



でも、経験上、これだけ一つの節目を前に足踏みした時は、最終的にはだいたい超えてくるものなんだよねぇ。



だから、超えるまでは、上目線でいいような気も……



うーん、なんだろう?
FOMC通過後に一気に超えるのを狙っているのかな…?



本日の成績:前日比-76626
今月の収支:+556421




マイナス~。
しょぼーん。



本日のぷーちゃんシステム

買い:1銘柄(新規:1 買い増し:0)
売り:1銘柄(利確:1 損切り:0)

持ち越し銘柄数:17銘柄




ぷーちゃんの1570日経レバ買いキタああああああああー!!



ここで指数買いかよー。

ぷーちゃんは指数買い2連敗中。(もしかしたらもっとかも…指数取引は得意じゃないのです)
高値で指数を買って、下がったところで損切りっていうのを繰り返しています。
今回もそうなってしまうのか!?
どうだーー??



含み益12銘柄、含み損5銘柄
ポジションは35%で変わらず。



ぷーちゃん銘柄の主力の6727ワコムちゃんがああああああ!



特別損失計上で-8.61%の急落……ううう……
まぁ、赤字銘柄が「大底は脱した!」って謎の期待で買われていただけだから、いつかはこうなるよね~(笑)
この前急落した2060フィードワンといい、調子よく上がっていた銘柄が次々と崩れている…

どうも、怪しいなぁ……



裁量取引(評価損益)
8697 JPX +2.9%
9504 中国電力 +2.5%
7751 キヤノン +0.1%
2489 アドウェイズ -4.7%




7201 日産 利確
7751 キヤノン (一部)利確
9467 アルファポリス 利確
3624 アクセルマーク 利確



色々売ったよー。

FOMCがどうなるかわかんないので、念のため、現金比率を高めておいた方がいいんじゃないかと思って。
上でも下でも対応できるくらいには余力を増やしたよー。安全策…

小型株はどうも怪しい感じなので、アルファポリスとアクセルマークは利が乗っているうちに退散しました。
アドウェイズだけ含み損で捕まってる…




さあさああ、FOMCだよ!!



FOMC後…どうなるか、マジでわかりません



どういう動きになるのか、さっぱりお手上げ。



昨日の時点では、ユーロドルが高すぎるから、ドル買いになるんじゃないかなーと思っていたんだけど、実は、昨日今日でそこそこ(対ユーロで)ドル買いが進んじゃったんだよね。







今のユーロドルはこんな感じ。
正直、今の位置だと、ドル売りになる可能性のが高い気がしてきました…
(ただ、売られたとしても高値は抜けないだろうから、売られたところがユーロドルの天井になるような気もして…うーん…)



わからんです……



ブルームバーグがちょっと気になる記事を。



FOMC、3月利上げほぼ確実-引き締めペース加速の合図見送りか

米金融当局は株式相場の回復や米経済の着実な成長が続く見通しを背景に、今週利上げを発表すると幅広く予想されているが、金融政策引き締めのペースアップを想定しているとは示唆しないもようだ。

  投資家の間では米連邦公開市場委員会(FOMC)が15日にフェデラルファンド(FF)金利誘導目標を0.25ポイント引き上げて0.75ー1%とする決定を発表すると予想されているだけではなく、FOMCが年内と来年以降の見通しを変更するかどうかも注目されている。

  米東部時間15日午後2時(日本時間16日午前3時)のFOMC声明と最新予測の発表から30分後にイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長は記者会見を予定しており、金利の先行きを見極めるさらなる手掛かりを提供する可能性もある。注目点を以下にまとめた。

  FOMC参加者の金利予測を分布した「ドット・プロット」は、年内3回の利上げが引き続き適切であることを示す見通し。

  ジョンズ・ホプキンス大学のジョナサン・ライト教授(経済学)によると、当局者がここ数週間に相次いで3月利上げを示唆したのは、年内利上げの回数よりもタイミングの変化を映した発言であることがドット・プロットに暗示されると予想。「ここ2、3カ月、経済指標は全般的に良好だったが、成長やインフレの見通しを大きく変化させるほどではなかった」と指摘した。
経済見通し

  労働省が発表した最新の雇用統計など、予想を上回る一連の経済指標を受け、FOMC声明は恐らく米経済見通しの持続的改善を引き続き認める公算が大きい。3月10日発表の2月の雇用統計では、非農業部門雇用者数が前月比で23万5000人増え、失業率は4.7%に低下した。FOMCは1月31日ー2月1日の会合後に発表した声明で企業の設備投資が「軟調」と指摘していたが、ルネサンス・マクロ・リサーチの米経済責任者ニール・ダッタ氏は、当局がこの表現を修正して最近の雇用情勢を認めるだろうと予想した。
漸進主義を堅持

  イエレン議長は記者会見で、今週の利上げが引き締めペースを加速する転換点なのかとの質問を受けそうだ。

  コーナーストーン・マクロのパートナーで、FRBでエコノミストを務めた経歴のあるロバート・ペルリ氏は、「イエレン議長の記者会見での仕事は、金利予測の緩やかな部分を強調することだ」と指摘。先送りせずに現段階で引き締めることについては、景気見通しに自信があるときにチャンスをつかむという観点から説明するのが「ベター」だと付け加えた。

ソース:ブルームバーグ




「ドット・プロット」は年3回の利上げで変わらず、という予想。



まぁ、トバシのブルームバーグだからどこまで信用していいのかわかんないけど(笑)

ドルはそうでもないんだけど、米国債やコモディティはあきらかに金利見通しの引き上げを警戒した動きになっているから、もし引き上げがなかったら、逆回転するのはまちがいないかなーって思う。

それに、今って、米国債が空売りされすぎているんだよね。
まぁ、アメリカのインフレ圧力が強まっているのは間違いないし、いずれは下に抜けることになると思うんだけど、空売りが今みたいに溜まりまくっていると、下に抜けようとすると買い戻しが大量に入って押しとどめちゃうんだよー。買い持ちの投資家が多すぎて、原油がレンジを上抜けできなかったのと同じように、米国債も下に走れないんじゃないかって気が…

うーん……



さあ、どうなるんでしょう!?FOMC!!
ランキングクリックにご協力お願いしまーす!
いつも押してくださっているあなたにありがとう!
そして、今日初めて押してくださったあなたにもありがとう!みんなありがとー!
↓↓↓
拍手もよければっ
(ヒミツのお礼画像が表示されますっ。現在15種類!)
↓↓↓
web拍手 by FC2

コメントの投稿

Secret

トバシのブルームバーグですねw
まさか書いたのH高さんじゃないですよね?w

とはいえ利上げペース変わらずだとやっぱ円高、というか円安傾向がすこし戻されるのかな

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
登場人物紹介
※左右のボタンで他キャラ!
ランキング
ブログ村」と「人気ブログランキング」に参加しています
ポチっとクリック支援! お願いしますっ!
↓↓↓
Twitter&RSS
Twitterでブログの更新情報を流しています
フォローしてね!

RSSもよかったら登録してね!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
Amazon
Amazonでお買い物するならこちらから(検索できます!) ↓↓↓
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
過去の記事一覧
月別アーカイブ
FC2拍手ランキング
リンク