7月3週、海外投資家は6337億円の買い越し!





海外投資家の売買情報~。



7月3週(7/16~20)、海外投資家は日本株を先物・現物合計で



6337億円の買い越し!



大幅買い越しきたあああああああ!



しかも、内訳を見ると、現物は319億円と小幅買い越しだったのだけど、先物は6017億円の大幅買い越し!



先物大幅買い越しきたあああああああ!







チャートに重ねるとこんな感じ。
7月3週、日経は一週間で100.53円上がりました。
同時に23000にアタックをかけたのだけど、それは海外勢が先物を買いまくったから、っていうのが、よくわかります。



前週(7月2週)が、現物3248億円の買い越し、先物423億円の売り越しだったから、まず現物買いが入って、その後に先物買いが続いた形
先物買いが先行して、後から現物買いがついてくれば完璧だったんだけど、その逆なので、いまいち信用ならないし、次週以降もこの買いが続くかどうかは謎だけど…
(7月は毎年先物買いが入りやすい時期なので、そのせいかも…って気が少しします)

ただ、この位置でこれだけ先物が買われたのは大きいと思う。
今はまだ23000を抜けられないかもしれないけど、いずれは抜く、というサインのような…?







個人は1359億円の売り越し
いつものように戻り売り

信託銀行は44億円の売り越し

海外勢が先物を買いまくった以外はみんな売りでした。
日経が23000を突破するには、海外勢が先物を買いまくる以外はないっていうのが、よくわかります。



日銀のETF買いはありませんでした。







2018年年初からの売買金額合計

海外投資家は7兆1035億円の売り越し
個人は464億円の売り越し
信託銀行は1兆3215億円の買い越し

個人が売り転換して、買い越しは信託銀行だけに
2016年と状況が似てきた…
(2016年は個人が売り転換したのが10月になってからで、相場が上に動き始めたのとほぼ同じタイミングでした)

海外投資家の売買金額合計は2番底を打ったようにも見えるけど…
このまますんなり上がっていくかはわかんない







海外投資家の現物買い合計はちょい増。







個人は逆に売り。







裁定買残
7/20時点で、裁定買残株数が7億6818万株(前週比+3007万株)
金額が1兆6459億円(前週比+671億円)

ちょろっとだけど増えたよー。
3月につけた安値は割らずに切り返した形に

底を打ったかどうかはわかんないけど…
ここから大きく落ちることはもうないんじゃないかなぁ?

ただ、V字回復して高値を抜いてくるのも考えにくいので、しばらくは今くらいの水準でもみ合いになりそうな…



7/27時点では、裁定買残株数は7億8293万株
さらに増えています。







裁定売残
7/20時点で、裁定売残株数が2億3939万株(前週比-587万株)
金額が8447億円(前週比-135億円)

ちょろっと減りました。
ゆるやかに天井を打ちつつあるような…
うーん、でも、まだわかんない

裁定売残が天井を打ったところが、相場の底だと思うんだけど、見極めが難しい~



7/27時点では、裁定売残枚数は2億1120万株
さらに減っています。






信用買残
7/20時点で、信用買残株数が26億3593万株(前週比-2721万株)
金額が3兆0677億円(前週比-212億円)

そこそこ減りました。
信用買残は完全に減少モード
転がり落ちる~

まだまだ減ると思う。
あたしの予想では今年の年末くらいまで減り続けるんじゃないかと。

信用買残がピークをつけたのが3/23だったので、それが期日を迎えるのが9/23あたり
相場が本格的に上に動き出すのはそのくらいからじゃないかなぁ?って思っています。

9/19の日銀会合が上昇相場のスタート地点になりそうな…?
政策の変更があるとしたら、9/19の会合になりそうだし
9/18のFOMCで利上げがあるだろうし






信用売残
7/20時点で、信用売残株数が5億1010万株(前週比+1303万株)
金額が7910億円(前週比+173億円)

そこそこ増えました。
信用売残はやっと底打ち反転のような…?
これから増えていくと思うんだけどなー







騰落レシオ
7/27時点で
25日騰落レシオが107.57
15日騰落レシオが163.57
10日騰落レシオが177.12

全面高が続いたので、跳ね上がったよー。
25日騰落レシオが100を超えたのは、5/28以来
15日騰落レシオがこの水準まで跳ね上がったのは、2017年5月以来
かなりドラスティックな動きに見えます。

ちょっと上がりすぎだと思うので、目先は調整しそうな気もするんだけど…
中期の上昇スイッチは入ったような…?







7/27時点の日経PERは13.63、日経EPSは1666.38
前週(7/20)時点では、日経PERが13.44、日経EPSは1688.83

EPSが20ほど下がりました
ちょっと気になる…
為替が円安方向に振れているから、決算が発表されるにつれEPSは増える方向に行くんじゃないかと思っていたんだけど、逆に減っている…

内需企業の決算がいまいちってことなのかなぁ?
(ここんところ外食の株価が大きく落ちているし、符号するといえば符合する…)
これから決算が後半戦に突入して、外需企業の決算が開き始めると、EPSは持ち直すと思うんだけど…
うーん

決算がほぼ出尽くしになるのが8/10
(ちょうどSQの日だよー)
EPSはどのくらいで着地するんだろう?

今、日本株が買われているのは決算期待もあると思うので、決算を通過したら一旦は売られそうな気もするんだけどなー。







空売り比率

2018/7/23 45.7
2018/7/24 42.1
2018/7/25 40.4
2018/7/26 40.4
2018/7/27 39.6

7/27に久しぶりに40以下に!
SQ以外で40以下になったのは、6/15以来だよー。
水木もほぼ40だったし、なんとなく、海外勢の空売り攻勢が弱まってきているような、そんな気配…







シカゴ先物市場の投機筋の円建て玉
7/17 58650 円ショート→7/24 73769 円ショート



投機筋の円売りが加速してるーーー!



7/17~24って、トランプが口先介入でドル円は高値から落っこちたんだけど、投機筋は円売りポジションをさらに膨らましたよー。
投機筋には珍しい逆張り
投機筋は円安をまだまだあきらめていない!

ロングショートを別に見ると、ショートも減っているんだけど、ロングが大きく減少して、結果、円売りに傾いたみたい。
ドル円がレンジを上放れするのに合わせて、逆張りの円ロングが増えていたんだけど、それがほぼ解消されました。







投機筋のユーロポジは若干買い戻し。
ユーロ売り一服って感じ。
底を打ったかどうかは…まだわかんない







ドルインデックスのポジも跳ねたよー。
トランプの口先介入があったけど、投機筋は絶好の押し目だと考えてドル買い!
投機筋はまだまだドル買い目線に見えます
まだ始まったばかりのようにも…?



まとめ



7月3週、投機筋は大幅買い越し!
しかも、先物を大量買いだよー
これは行ける予感…

まぁ、この後も先物が買いが続いて、日本株がどんどん上がって行くかはわからないけど…
少なくとも、大きく崩れることはもうないんじゃないかなぁ?
そんなふうに思える先物買いでした。

空売り比率ははっきりと低下してきているし、騰落レシオも跳ね上がって新しいフェイズに入った感じがするし、信用買残は下がり続けているし、裁定買残は底打ちの気配…
そして、なにより、投機筋の円売りが加速し始めている!



今までは戻り売りが正義の相場だったけど、これからは押し目買いのターンに入ったような…?



上に抜けるのは早い気がするし、まだしばらくはじれったい動きが続く気がするけど、もう大きく崩れることはない…
9/18の日銀会合&9/19のFOMCあたりを転換点に、11月の米中間選挙後に上放れして、年末ラリーに突入!

…って予想!



ここからは上だあああああああ!



…たぶん







BEIは7/26時点で2.11%
持ち合いが続いているよー
上に走る気配は今のところありません

米10年債利回りが3.0%の壁をはっきりと超えて上に走るには、BEIが右肩上がりに走り始めないといけないと思うんだけど、まだその兆候はないんだよね~。
今、米10年債利回りが3.0%に再びアタックをかけているけど、BEIを見ていると、まだ超える時ではないかなーって思ってしまいます。







12月FOMC時点の金利予想

年間2回(残り0回)の175-200(紫)が2.1%
年間3回(残り1回)の200-225(茶色)が30.2%
年間4回(残り2回)の225-250(灰色)が62.7%
年間5回(残り3回)の250-275(黒)が4.9%



225-250(灰色)がものすごい勢いで上に走っているよー。
4回利上げを織り込む動きが続いています。

うーん、もう波乱はないのかなぁ
8月後半頃にもう一回くらい利上げ確率が急低下する局面がありそうな気がしていたんだけど…

ただ、そうやってもし波乱があったとしても、4回利上げは確実にあると思うし、株が落ちても押し目だと思う。







米10年債利回りは今こんな感じ。
3.0%の壁を超えられず、少し押し戻されています。
BEIの動きを見ていると、まだ3.0%の壁を超える時ではない気がするんだけど…







ドイツ10年債利回り
0.400%くらいの水準で動きが止まっています。
どんどん上に走るって感じではなくなっているような…?







日本10年債利回り
7/31の日銀会合で、例えば今は0.0-0.1%に固定している長期金利の目標を柔軟化するとか、緩和縮小につながる政策の転換が行われるんじゃないか?って観測で、急上昇しています。

7/31の日銀会合でなにかあるのか、ないのか…
うーん、わからぬ…

あたしは何かあるとしても、7/31は予告だけで、実際に政策変更があるのは次々回の9/18の日銀会合だと思っているけど…
わかんないです。

まぁ、でも、なんにせよ、日銀会合後は出尽くしになって、長期金利は一旦落ちるんじゃないかなぁ?
事前にこれだけ跳ね上がって、会合後も上がるってよっぽどのことがないとないような…
それに、長期金利が0.1%を超えて跳ね上がったら、たぶん、米10年債利回りも3.0%を超えて跳ねることになると思うし、それって重大な動きすぎるような…?

米10年債利回りが3.0%を超えるかどうかっていうのは、世界の関心事なのに、日銀の政策変更で超えましたってことになったら、日本が主役、アメリカが従すぎて変…



7/31の日銀会合後は、出尽くしになって、長期国債売り、円買い、銀行株買いが逆回転し、長期国債買い、円売り、銀行株売りになると予想



株の動きはよくわからない…
円売りは株高要因だけど、長期国債買いは株安要因だしなぁ

ただ、当日のボラティリティはとんでもなく高くなるだろうな~とは思います
これだけ注目されている日銀会合って珍しいので、上に行くか下に行くかはわかんないけど、ものすごい勢いで動くと思う。

なにかあるって噂された過去の日銀会合当日の値動きを思い出してみると、初動で落ちたら、だいたい、切り返すので、初動落ちは買い
初動で上に行ったら、そのまま戻ってこないパターンと、突き落とされて長い上髭になるパターンがあるので、どっちかわかんない。

まぁ、さっき書いたように、相場は押し目買いのターンに入ったと思うので、落ちれば買いでいいんじゃないかなぁ?

特に銀行株は落ちたら買いのような…
次回の日銀会合でなんにもなかったとしても、緩和縮小の観測はくすぶり続けると思うし、金利は下がるより上がる方向に圧力がかかると思う。
米10年債利回りも今回は超えられなくても、いずれ3.0%を超えてくるんじゃないかなー?
年末にかけて銀行株のターンが来る!…と思う。







シカゴ先物市場の投機筋の日経先物のポジション
あいかわらず、売りに傾いたまんま
うーん…
ランキングクリックにご協力お願いしまーす!
いつも押してくださっているあなたにありがとう!
そして、今日初めて押してくださったあなたにもありがとう!みんなありがとー!
↓↓↓
拍手もよければっ
(ヒミツのお礼画像が表示されますっ。現在15種類!)
↓↓↓
web拍手 by FC2

コメントの投稿

Secret

日銀会合後の件

難しいように見えて簡単かもしれないですね。
そもそもマイナス金利はダメな奴で、さっさとやめればいいんですが、日銀はなぜかやめない。なんて不自由な。
おそらくこれがマーケットのコンセンサスでしょう。
なのでやめればハッピーじゃあ買おう、逆ならなんだまだやめないのか日銀アホね、でもまあ悪材料ってわけでもないし、売る必要もないなとなりそう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
登場人物紹介
※左右のボタンで他キャラ!
ランキング
ブログ村」と「人気ブログランキング」に参加しています
ポチっとクリック支援! お願いしますっ!
↓↓↓
Twitter&RSS
Twitterでブログの更新情報を流しています
フォローしてね!

RSSもよかったら登録してね!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
過去の記事一覧
月別アーカイブ
FC2拍手ランキング
リンク