【映画】「グランド・ブダペスト・ホテル」を見てきました!



※ネタバレ回避のため、感想は追記に書いてまーす。
読みたい方は「続きを読むボタン」をポチッとどうぞ!



グランド・ブダペスト・ホテル(2013)
監督:ウェス・アンダーソン
出演:レイフ・ファインズ、トニー・レヴォロリ、ウィレム・デフォー
上映時間:100分

「ライフ・アクアティック」「ムーンライズ・キングダム」のウェス・アンダーソン監督が、レイフ・ファインズ、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、ジュード・ロウはじめ豪華キャストを迎えて贈る群像ミステリー・コメディ。ヨーロッパの一流ホテルを舞台に、とある常連客をめぐる殺人事件とその遺産争いに巻き込まれた“伝説のコンシェルジュ”グスタヴ・Hとその忠実なるベルボーイ、ゼロ・ムスタファが、自らの誇りとホテルの威信を懸けて事件を解明すべく繰り広げる大冒険の行方をユーモラスに描く。
 1932年。グランド・ブダペスト・ホテルは、“伝説のコンシェルジュ”と呼ばれるグスタヴ・Hの完璧なおもてなしが評判で、彼目当てのエレガントな客で溢れかえるヨーロッパ随一の超高級ホテル。そこでベルボーイ見習いとして働くことになったのが移民の少年ゼロ・ムスタファ。グスタヴの指示を忠実にこなし、少しずつ信頼を獲得していく。そんなある日、グスタヴと懇意の間柄だった富豪の常連客マダムDが殺害され、遺言で名画“少年と林檎”がグスタヴに贈られることに。しかしグスタヴには殺人の嫌疑がかけられ、おまけに絵を取り戻そうとマダムDの息子ドミトリーの刺客も迫ってくる。そんな中、グスタヴとゼロはコンシェルジュ仲間やゼロの婚約者アガサの力を借りて逃亡を続けつつ、事件の謎を解明すべくヨーロッパ中を駆け巡るのだったが…。


「かぶみが見てきた映画を好き勝手語っちゃうシリーズ」第9弾~!

今回は、ずーーーーっと楽しみに待っていたウェスアンダーソン監督の新作「グランド・ブダペスト・ホテル」だよーっ!

ウェスアンダーソン監督は「天才マックスの世界」を見てちょーーーーーード級の衝撃を受けて以来、ずーーーっと大好きな監督さんなのっ。とにかく、作る映画がぜんぶっかわいいのっ!!これでもかってくらいにカラフルでキッチュで、ジェリービーンズをぶちまけたような映画っ。見てるだけでうっとりするよ~。かと思うと、ちょーーーーー悪趣味なシーンをずばーーーーんと挟んできたりして、まぁ、それも笑える悪趣味さなんだけど(笑) どう説明したらいいのかな~、ほら、ジャン・ピエール・ジュネ監督の「アメリ」って映画があるじゃない?ああいった感じのかわいさと悪趣味さが絶妙にミックスされた感じの映画ばっかりなんだよー。







今回の「グランド・ブダペスト・ホテル」も……



そりゃーーーーもう!かわいい映画でしたっ!!!



アールデコ調でピンク色の外装のホテルが舞台って(笑)
もー、かわいすぎですっ。プロダクションデザインを見ているだけで、うれしくなっちゃうかわいさ。



小ネタもあいかわらず楽しいしっ。

はしごがみょーーーに長すぎたり、刑務所の門がみょーーーーにでかすぎたり、遠くに見える山脈が書き割り丸出しだったり、ホテルに向かうケーブルカーがどう見てもミニチュアだったり、エレベーターが狭すぎたり、囚人たちがよってたかってかわいいケーキを取り合ったり、切り落とされた指が作り物すぎたり、描き髭がみょーに曲がっていたり、ロビーボーイがロビーボーイってでっかく書かれた帽子をかぶっていたり、殴られてふたりが同時に両方の鼻の穴から鼻血を出したり、ネコが窓から投げ捨てられてまんがみたいにぺしゃんこになったり、ホテルの支配人ネットワークの電話連絡が「どこまでつながるねん!!」ってくらいどんどん繋がっていったり、銃声を聞いて兵士が次々に顔を出していつの間にか大銃撃戦になっちゃったり、大追跡戦がいつの間にかボブスレーになって、しかも、それがミニチュア丸出しだったり……ああああああああああああ!書き出したらきりがないよーーーーーーーっ!!

ウェスアンダーソン監督が仕込むネタって、ゲラゲラ笑い転げるようなものはないんだけど、クスクス笑っちゃう、そんな小ネタのオンパレードなんだよねー。好きだーーーーーー!



あとねー、いつもそうなんだけど、ウェスアンダーソン監督の作品は絵作りがすごいんだよー!画面のレイアウトやカメラの動かし方が……素晴らしすぎるっ!!!今回のまんがのネタにした「やたらと人が真ん中にいる」っていうのもウェスアンダーソン監督の作品の特徴で、いわゆるシンメトリーってやつ。左右対称の構図が多いんだよー。それがね、もー、おかしいの!整いすぎていて笑っちゃう!

まんがでも映画でもそうだけど、左右対称の構図が続くと、どうしても不自然っていうか、居心地が悪い感じになっちゃうんだよね。だから、右か左、どちらかに偏らせて、それを交互に切り換えたりして、自然に見える絵作りをするんだけど……ウェスアンダーソン監督は逆!シンメトリーを多用してわざと不自然にして、それを笑いにつなげてる!

シンメトリー構図を多用する監督っていうと、スタンリーキューブリック監督が有名だけど、キューブリックの場合、シンメトリーの不自然さっていうのが、不気味さに繋がって……なんか怖い、気持ち悪い、普通じゃない……みたいな負の感情を見る人から引き出していたんだけど、ウェスアンダーソン監督は……普通じゃない、変だ、なんかオモシロイ!……なんだよ~。

あとねー、キューブリック監督は横に流れるなが~~~~~いドリーショットが上手い監督でもあったんだけど、ウェスアンダーソン監督も同じなんだよねー。今回も、ホテルの部屋のセットの手前にカメラを置いて、主人公が部屋を移動するのに合わせてカメラが横に流れていくってシーンが多用されているんだけど、これがいいんだー。キューブリックの「アイズ・ワイド・シャット」の冒頭のドリーショットへのオマージュなんじゃないかって思うほど。

キューブリックへのオマージュって点で言えば、主人公のグスタフとロビーボーイのゼロが出会うシーン!
回りにいる人たちに声をかけながらずんずん手前に向かって歩いてくるグスタフとそれに付き従うゼロを手持ちカメラで前からずーーーっと撮り続けるちょーーーーーーーー長回しのシーンがあるんだけど、キューブリックの「突撃」の最初の塹壕シーンにしか見えないなんだよー!ちなみに、このシーンはテリーギリアム監督も「未来世紀ブラジル」で引用していて、あたしも大好きなシーンなのだーーーーっ。







まー、ストーリーに関していえば……

いつものウェスアンダーソン監督の作品らしく、お金持ちの変人たちの「上流階級もつらいよ」的な話で、そういう世界とはまったく縁のないみみっちい生活をしているかぶみにはいまいち感情移入ができない話なんだけど……



いい!ウェスアンダーソン監督は許します!



話がとっちらかっちゃって、何が言いたいのかよくわからなくてもいい!
見ていて楽しいからぜーーーーーんぶ許しちゃう!



俳優さんは、みーーーんなよかったけど、中でも一番良かったのは、敵役のおそろしい用心棒を演じたウィレム・デフォー!
こいつがね、もー、めちゃくちゃ悪いやつで、殺しまくるんだよねー。ネコを窓から投げ捨てたり、メリケンサックの代わりなのか両手の指全部に指輪をはめていて、それで相手を殴りつけるんだよー。とにかくすごい存在感!
いやー、やっぱりウィレムデフォーいいねー。バイクにガソリンを入れてもらってるだけなのに、あんなに威圧感のある人はそういない(笑)

あと、殺される伯爵夫人マダム・Dを演じたティルダ・スウィントンもよかった!
この人はこの前見た「スノーピアサー」でもすごい良かったんだけど、ますます好きになっちゃったよー!実年齢より30歳以上年上の寂しい84歳の老伯爵夫人を完璧に演じてた!死に様も見事だったし。あれだけ存在感のある死体写真もそうない(笑)

他にもビルマーレイやジェイソンシュワルツマン、ハーヴェイカイテル、エドワードノートン、エイドリアンブロディなどなど、あたしの好きな俳優さんたちがてんこもりで(まぁ、ちょい役の人も多かったけど)、はーーーーーーーー、楽しかった!



ごちそうさまでした!



★★★★☆(星4つ)

ランキングクリックにご協力お願いしまーす!
いつも押してくださっているあなたにありがとう!
そして、今日初めて押してくださったあなたにもありがとう!みんなありがとー!
↓↓↓
拍手もよければっ
(ヒミツのお礼画像が表示されますっ。現在15種類!)
↓↓↓
web拍手 by FC2

コメントの投稿

Secret

登場人物紹介
※左右のボタンで他キャラ!
ランキング
ブログ村」と「人気ブログランキング」に参加しています
ポチっとクリック支援! お願いしますっ!
↓↓↓
Twitter&RSS
Twitterでブログの更新情報を流しています
フォローしてね!

RSSもよかったら登録してね!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
Amazon
Amazonでお買い物するならこちらから(検索できます!) ↓↓↓
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
過去の記事一覧
月別アーカイブ
FC2拍手ランキング
リンク